ノベルティグッズ選びはセンスが大事

会社の商品を開発したり販売したりするときは技術力を結集して行います。市場調査などにもお金をかけてデザインを考えたりするでしょう。万全の態勢で商品開発をするでしょう。しかしそれ以外の部分では必ずしもお金がかけられないこともあります。イベントを行うときなどに無料で来場者などに渡すのがノベルティグッズです。無料で渡すのでこれで利益が上がる下がるはありません。しかし良いものをもらえば来場者のイメージは変わります。またイベントがあるときに来ようと感じてもらえる可能性があります。非常に重要な役割を果たしますが、実際は選ぶ人は一人で選んでいるようです。そして特に選定理由なども決められていません。その人のセンスに任されています。センスがいい人が担当だとその時代に合ったものを渡すことができます。しかしセンスが良くない人だと時代にずれたものを渡すことも出てきます。

ノベルティグッズ選びで時代にあった選択

時代はどんどん変化しています。流行もその時代によって異なります。今から10年前にはまだスマートフォンはそれほど普及していませんでした。10年前は今のガラケーが主流だった時代です。ガラケーに関するグッズなどがノベルティグッズとして好まれたことがありました。ガラケーは今でもそれなりに使う人がいるので関連グッズを渡しても決して嫌がられることはないでしょう。でも今の時代ではスマホを利用している人が多いので人によってはなぜガラケーグッズなのかと考えることもあります。自分がガラケーを使っていたりすると気づかないこともあります。必ずしも新しいものを使っておく必要はありませんが、選ぶなら時代に合ったものの方が良いでしょう。場合によっては先走りしすぎることがあるので注意が必要ですが、利用者が多いような商品なら喜んでもらえる可能性が高まります。ノベルティでも調査をして選ぶ方が良いかもしれません。

ノベルティグッズで定番を選んでしまう

企業が行うイベントでよく渡されるものにクリアファイルがあります。無地のタイプもあれば、その企業名が入っているタイプもあります。クリアファイルは紙の資料を保管するのに便利です。濡らさず、折り目もつけることなく保存することができます。ノベルティグッズでもクリアファイルを選んでしまうことがあります。名入れをしてもそれほど高くないので予算的には通りやすいです。そして参加者からも批判が出るわけではありません。かといってどうしてもこれが欲しかったとは言われません。つまりは定番品です。定番品は来場者をがっかりさせることはないでしょう。でもまたこれかと感じさせることはあります。適当に必要な物なので効果は得られますが、変に名入れをすると使ってもらえない場合もあります。安全な定番品を選ぶことも大事ですが、利用者の目線に立った選び方も必要になります。

御社様だけのオリジナリティあふれる高品質なノベルティや販売促進品を制作いたします。
当社では、販促品やノベルティとして使える様々な商品の販売を主に行っていて、商品には名入れをする事も可能です。
販促良品では、50円から50円単位で商品をご用意しており、綺麗で安いと評判の名入れも是非一度お試しください。
ノベルティを販促に利用するならこちら

アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし
2016年7月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031