東京でウィークリーマンションに住む方法

東京は、人口は増えている場所ですが、そこにはたくさんの魅力があるからです。一つが働く場所が多い点です。地方にはなかなか働くところが少なくても東京に出てくればたいてい職があります。もう一つは交通の便が良く買い物も便利な点です。東京23区に住んでいれば自動車が必要ないといわれるほど交通の便、特に鉄道やバスが発達しており、車を持たない生活をすることが可能になります。そのような東京には、長期的に住む人もいますが、仕事や大学受験、病院への通院などで短期間だけ賃貸住宅を借りて住む人が少なくありません。そんな時に便利なのがウィークリーマンションです。短期間住むときに通常の賃貸住宅では初期費用が家賃の5カ月分ぐらいはかかってしまいますが、ウィークリーマンションは3ヶ月分しかかからず格安になります。

まずは物件を見つけることから始める

ウィークリーマンションに住むためには、物件を見つけることから始めます。多くの場合、駅前か便利な所に集中しています。人里離れた所にぽつんとマンションがあることはありません。なぜなら、マンションのオーナーもどのあたりに需要があるかをよく研究し、その結果人がたくさん入りそうなところに土地を購入しマンションを建てているからです。その中でも、会社に通勤をするときに便利な所を選ぶのであれば、駅から近い場所を選ぶべきです。受験生であれば予備校に近いマンションを選びましょう。病院に通場合は通院しやすいところにマンションがある可能性が高いです。ある程度場所の絞り込みにしたらインターネット等で検索をすることができます。気に入った物件があれば、その物件を実際に内覧してみることが重要です。物件によっては満室で中を見ることができない場合もありますが、いくら短期間住むとはいえ、建物の中を見ておいて損はありません。

不動産会社に行かなくても入居することができる

一般的に不動産会社に行くことで物件の閲覧をし、契約をしますが、インターネットの予約だけで物件に入居することができるウィークリーマンションの会社があります。忙しくて不動産会社に行くことができない場合はそのような方法で物件を借りてみてもよいでしょう。そのやり方は、インターネットで不動産会社を探し、その中で希望している物件を選択します。どのくらいの期間を借りるか、そして部屋のタイプを指定してメールで送信します。不動産会社から返事があり空室があるようであればお金を払って契約完了です。カギは暗証番号型になっていることが多く、物件のドアのところにあるテンキーに指定された暗証番号を打ち込めば部屋が空きます。感覚的には賃貸住宅よりもビジネスホテルを借りる感覚に近いでしょう。