東京のウィークリーマンションの傾向

地方から大学受験のために都内に出て来る時は、ホテルなどを利用して受験の数週間前から滞在する学生さんが多くいます。遠方の会社に勤めているサラリーマンが都内にある会社への出向で数週間の滞在を行う場合もホテルなどを利用して寝泊まりするケースが多くあります。短期間の利用になるので、一般的な賃貸物件などでは初期費用が多く掛かり過ぎてしまいますし、入居してもすぐに退去になるので無駄が生じる事になります。さらに、生活するためには家財道具をある程度買い揃えなければなりませんし、家財道具は数週間後には引越しのための処分を行うなど不経済な状態になるため、ホテル住まいを考えるケースが多いのです。しかし、最近ではウィークリーマンションを利用する人が多くなっています。

初期費用の節約や家財道具の買い揃えが不要

東京都内には数多くのウィークリーマンション物件があります。初期費用を節約出来る、室内には生活出需品がすべて揃っているため、引越しが要りませんし、家財道具を買い揃える必要もありません。室内には冷蔵庫や調理器具などが揃っているため、自炊をすれば生活費を浮かせる効果がありますし、東京の物件の大半では光熱費が料金に含まれているので、電気代やガス代などの心配をする必要もないのです。1週間単位で借りる事が出来るため、経済的に使えますし、洗濯機などの家電品もあるのでホテル住まいの時のクリーニング代を節約出来るなど、経済的に利用したい人々からの注目を集めているわけです。尚、契約期間は1週間から可能になっており、契約期間が長くなるほど利用料金が安くなるなどの傾向を持っています。

最寄り駅からの距離が近い物件が多くあります

東京は地下鉄網があるため、交通の利便性が高い環境を持ちますが、都内にあるウィークリーマンションは駅から徒歩数分の場所に建設が行われているため、通勤や通学などの時にも便利です。賃貸マンションなどの場合、駅から近い物件などは人気が高くなっていますが、家賃が高額なケースが多くあります。仮に、1年間だけ生活の場として利用するとしても、ウィークリーマンションは利用料金が一般的な賃貸マンションよりも安い設定になっていますし、駅から近い物件が多いので選択肢も多数あります。尚、物件の大半は一人暮らし用のワンルームなどの間取りになっていますが、物件の中には1LDKや2LDKなどの間取りの部屋もあります。カップルで利用したい人、家族で一時的な生活をするために利用したい人などが使える物件もあります。