まつげエクステの商材をお探しの方必見!

TOP > まつげエクステの商材について > 一重瞼も二重瞼ももっと素敵になるまつげエクステ商材を使った目元美容

一重瞼も二重瞼ももっと素敵になるまつげエクステ商材を使った目元美容

目元のまつげをより魅力的に見せる商材として、つけまつげやまつげエクステがありますが、何が違うのか初心者にはよくわかりません。
どちらもまつげを長くバサバサとボリュームアップさせるために、大活躍をするアイテムではありますが、装着方法には若干の違いがあります。
多くの目元美人を目指す女子が、割と昔から挑戦をしているのがつけまつげであり、専用化粧のりを皮膚に塗布して、目元のまだに直接つけるタイプです。
ダイレクトに皮膚に専用とはいえのりで貼り付けるので、皮膚の弱い人などは負けてしまうこともあります。
一方アイラッシュサロンなどで施すエクステは、直接皮膚につけるのではなく、皮膚からほんの2㎜ほどの距離をおいて、まつげ1本1本に丁寧に装着をするタイプです。
そのまま皮膚に液体などを使いませんので、つけまつげのような大きなトラブルも少ないといえます。


キラキラな目元を作り上げるのは、まつげエクステが最も効果的であり、まつげエクステ商材として、専用のピンセットであるツイザーも必要です。
専用のピンセットですので、アイラッシュ装着時にも安全に使えるような設計であり、また使用をするごとにアルコール消毒をするなど、衛生面での管理もきちんと行います。
まつげを上手にかき分けるために使ったり、エクステをうまくつかむためにも大活躍のアイテムです。
ツイザーと一口に言っても、取り扱いメーカーも種類も数多いので、使いやすい商品を選ぶようにします。
それぞれの用途に合ったものを選ぶのとともに、やはり個々で使いやすいと感じるものがあるので、相性の良いツイザーを持つのは大事です。
またお気に入りのツイザーを愛用するようになったら、衛生面管理は徹底をします。


日本人は特に目元の単衣瞼や二重など瞼やまつ毛を気にしますが、一重衣瞼の女子は二重瞼に憧れやすいです。
ですが世界から見たら日本女性の単衣瞼はかなり魅力的であり、一重瞼をもっと魅力的にするのであれば、まつげエクステを装着するのは良い方法になります。
アイラッシュサロンでは顧客の目元に応えられる商材の取り揃えがあるので、一重瞼に適したアイラッシュを施すことが可能です。
コンプレックスに感じる女子も少なくはない一重瞼ですが、アイラッシュのデザイン的には、ロングタイプでもボリュームタイプでも似合う素敵な目元でもあります。
まぶたにまつげが隠れてしまいやすい目元であれば、エクステの種類としては少し長めの人工まつげを選べば問題はありません。
Jカールを目じりにつけることで、目元を横に大きく見せる効果もあります。

次の記事へ

上へ戻る