まつげエクステの商材をお探しの方必見!

TOP > まつげエクステの商材について > 美しいカールを目指してまつげエクステ商材のグレーの性質も理解を

美しいカールを目指してまつげエクステ商材のグレーの性質も理解を

まつげエクステ商材の素材の種類として、使われることが多いのはポリブチレンテレフタレートであり、PBTと呼ばれています。
特殊な樹脂であるポリエルテル素材であり、伸縮性があるタイプなうえに、加工に特殊な技術を必要とはするものの、そのまま計上を記憶することができるタイプです。
カールの耐久性に関しては、利用をするメーカーごとに違いがあるので、いつもとは違うメーカーを使う際には気を付けます。
素材の商品名からしても、獣毛であったりシルクとも間違えられやすいですが、ほとんどのエクステンションはPBTです。
一般的なアイラッシュサロンではほぼ流通もないですが、人毛を採用したエクステンションもあります。
同様に一般的な流通はほぼないのが獣毛であり、キツネやイタチなどの動物の毛を使ったタイプもありますが、かなりの高額商品です。


まつげエクステ商材を使いアイラッシュサロンをすためには、ふさわしい設備を準備する必要があります。
美容所登録をするのは基本ですが、保健所や自治体によっても、指導や基準は異なりますので、指示には従うことです。
アイラッシュを施すための施術ベッドが必要ですが、専用のベッドは椅子タイプになっていて、自動でベッドになることが多く、サロンのスペースにもよります。
施術用のベッドに関しても価格はピンキリですから、室内の広さや予算との相談のうえで決めることです。
必ずアイサロンに必要となる設備の一つは水道設備であり、流水式の流しがサロンには必ず必要になります。
手を洗うことのできる流しが必要なのとともに、シャワーの流しも必要なので、水道施設は2箇所に必須です。
最低限100ルクス以上の照明の照度が必要になりますし、サロンのコンセプトも照らし合わせて、照明にも気を配るようにします。


グルーもまつげエクステ商材として、なくてはならないアイテムの一つです。
綺麗なカールを目指せるかどうかの一つは、使用をするグルーにもかかっていますので、グルーの持つ性質を理解することも必要になります。
グルーはとても繊細であり、空気中にある水分とまつげの水分に反応をすることで、自然に硬化をするのが特徴です。
掘り下げて言えば施術を受ける人の、体質や温度も関わってきますし、いつの時期にエクステの施術を受けるのか、シーズンまで関わってきます。
グルーが硬化するのが速まるのは湿度が70%オーバーの時であり、そうなると硬化としても理想とは離れやすいです。
最適なまつげエクステの施術に適した室温は、だいたい25度から28度であり、グルーにとって最適な湿度は55%になります。

次の記事へ

上へ戻る